グルメ

シドニーでインスタグラムは飲食店のメニュー替わり!?

オーストラリアといえば、人それぞれ思いうかぶことは違うと思いますが、まず私の頭に浮かぶのはカフェ、コーヒー文化が成熟しているということ。私が現在在住しているシドニーも、素敵なレストラン、カフェ、コーヒーショップが街中いたるところにあり、街中を歩きながらもワクワクしながら生活を送っています。

いざお店に入りますが、オーストラリアのレストランはメニューに写真を載せないお店がほとんどです。英語でズラズラっと料理名がならび、使われている食材が表記されています。頼んだものと実際に運ばれてきたメニューが想像していたものと全然違う!なんてことが私はしょっちゅうでした。お店のスタッフに一番のオススメ料理や、人気料理を聞いたりもしますが、注文した後どんなメニューが運ばれてくるのか内心ドキドキしたりもしています。

そんなシチュエーションも海外ならではで楽しいと感じる時もありますが、せっかく行くなら事前にお店の情報を詳しくチェックしておくのも、より食事を楽しむためのポイントですよね。

数ある飲食店を検索するツールとして、オーストラリア人の2人に1人、特に若い世代を中心に利用しているといわれるインスタグラムを活用します。「オーストラリアのSNSとソーシャルメディアマーケティング」の記事からも、オーストラリア人にとってSNSは日常の一部に溶け込んでいるということがよくわかります。

インスタグラムは「写真」がメインなので、どんな料理なのかが分かりやすいということが利点です。その写真だけで私たちの心を動かし、原動力となります。飲食店において、インスタグラムは今や日本でいう”食べログ”のようなあつかいとしてここオーストラリアでも利用されているようです。

気になる店名をまずインスタグラムで検索すると、だいたいのお店が公式アカウントをもっています。そこで驚くのがなんといっても写真のクオリティーの高さ。どの店舗もきれいに作りあげられたページと高画質の写真たち。腕のいいカメラマンによる技と、ブランディングされたページの作り込みようは、無意識にスクロールしてしまう程見入ってしまいます。

@theapollosydney

@socialbrewcafe

@thegrounds

オーストラリアの料理写真の特徴として、日本よりどことなく「インスタ映え」を意識している料理が多いように感じます。飾り付けに食用花を使用したり、フルーツや緑を仕上げのアクセントに加えたり、そういった意識がインスタグラムユーザーの心を掴むポイントなのかな、と感じます。

例えお店に料理写真がなくとも、多くのインスタグラムユーザーが自らそのお店の料理写真をアップしてくれ、私たちに無条件に情報をシェアしてくれる時代です。
そのために今や便利なハッシュタグ検索も主流化し、私たちはこのインスタグラムで多くの情報を得ることが可能になっています。

気になるお店を見つけたら、まずはインスタグラムでお店や料理をチェックすることで、よりスムーズに食事を楽しむことができるかもしれません。
ただふと気がつくと、時間を忘れて携帯の画面に見入ってしまう一方、完璧に仕上げられた多くのページに、う〜〜んとなる気持ちも出てきますが(笑)。

最後に、シドニーのグルメ情報がゲットできるインスタグラムのアカウントやフードブロガー、そして便利なハッシュタグをご紹介!

検索で役立つシドニー飲食店インスタグラム情報

シドニーのフード系インスタグラム

@sydneyfoodprn 
@breakfastinsydney 
@coffee_sydney 

シドニーのフード系インスタグラマー

@eliseaki さん 
@sydneyfoodette さん 
@kerabeareats さん 

シドニーのフード検索に使える#ハッシュタグ

#sydneycafe
#sydneyfoodshare 
#sydneyfoodblogger 
#sydneybreakfast 
#sydneyrestaurants 
#sydneyfood 

 

文:岩本菜々恵

この記事をシェアする

この投稿者の記事一覧

概要・お問い合わせ

その他の記事はこちら

グルメ

4 Jan 2015

New Items!Japanese Cup Noodles! マルちゃん赤いきつねうどん$3.30  マルちゃん緑のきつね天そば$3.30   マル…