dentalclinic
医療/保険

どんな歯並びだと歯科矯正するべき?

歯科矯正治療を始める理由として主に2通りあります。

1. 患者さんが治したいと思われるケース

2. むし歯などの治療がきっかけになって、歯科医師側から矯正治療を推奨されるケース
(かみ合わせの問題)

患者さんが治したいと思われるケース

主に審美の観点から歯科矯正治療を始められる方が多いようです。

矯正治療をされるメリットとしては

歯並びが悪いというコンプレックスから解放され、人の目を気にすることなく自然な笑顔でいられる。
笑顔に自信が持てる。

むし歯などの治療がきっかけになって、歯科医師側から矯正治療を推奨されるケース かみ合わせの問題

乱れた歯並びはお手入れがしにくいため、むし歯や歯周病などにかかりやすくなります。

お手入れのしにくさには、頑張れば、デンタルケアで補えるかもしれません。しかし、歯並びの悪さ自体は、どうにもできません。

患者さんの中には「前歯の乱れだけ整っていればいい」とする方がいらっしゃるものの、かみ合わせも重要です。

このような歯並びは、一見整っているように見えますが、噛み合わせが悪く歯科矯正治療を開始されました。

 

斜めに生えている歯があると、かむ力に負けて、さらに傾いてしまいます。

傾きの方向によっては、周囲の歯を押して、歯列全体に影響が生じるでしょう。

いわゆる「出っ歯」と呼ばれる状態だと、前歯同士による「かみ切る」動作が難しいので、主に奥歯で食事をすることになるでしょう。

また、口の色々な動きの中で、出っ歯の場合は前歯が接しないことにより奥歯が離れた状態にならないため、負担がいつも奥歯に行ってしまいます。

矯正によってきちんと咀嚼できるようになると、表情筋が活発に使われるようになり、顔の左右差やほうれい線、シワの改善なとが期待できます。

また、しっかりと咀嚼し顎を動かすことは、唾液の分泌を促し、脳に刺激を与えます。

唾液は消化を助けるだけではなく免疫力アップにも役立つと言われています。

矯正治療の必要性は、見た目だけでなく、長期的視野や複合的な視点で決まります。

ご自身やお子さんの歯並びや噛み合わせに不安がある場合、また矯正治療が必要かどうか迷っている場合は、まずはご相談ください。

📞Call us: 9269 0514 ◆ www.bestdentist.c­om.au ◆ Dr Knox Kim is Diamond Invisalign Provider and Invis­align’s only Clinical Consultant/ Speaker among General dent­ists in Australia Top 6th in the world in Invisalign Interna­tional Gallery #stra­ightyourteethwithout­braces #invisalign #braces #sydneydentis­t#dentalclinicatworl­dtower #cosmetic #be­stdentist #citydenti­st#cerec#onedaycrown­#rootcanaltherapy#wi­sdomtooth​ #インビザライン#矯正 #シドニー#歯医者 #歯科矯正#矯正女子#ビフォーアフタ­ー#海外#海外移住#歯#オーストラリア #マウスピース矯正#隐适美#牙科诊所#中文#牙医

この記事をシェアする

この投稿者の記事一覧

概要・お問い合わせ

その他の記事はこちら