教育/留学/習い事

その2 [バイロンベイでの充実した(?)学生生活]

Y子

31歳。ものごとをあんまり深く考えていないのでストレスは少ない。自分の身に危険が迫ると恐怖のあまり脳がヒートしてしまい、笑い出してしまうクセがある。以前バンジージャンプをした時、飛び降りた瞬間からケラケラ笑っていた。お化け屋敷でも笑い出すので、お化けにビックリされてしまう。19歳でメイクアップアーティストに憧れて専門門学校へ。その後ファッションショーなどの現場で働くが、給料が安すぎて、家の電気、ガス、水道を止められる。それでもコンビニのトイレや銭湯に通いながら粘り強く続けるが、毎日ツナ缶だけで生活していたため、体重が40kgを切ってしまい最後は栄養失調で倒れてしまうという経験を持つ。彼氏ができると何よりも優先してしまうため友達はほぼいないという残念なタイプ。現在セカンドWHでシドニー滞在中。

月に2回行われていたスクールパーティー。

その後はパブに行って一晩中踊るのが恒例に。

オーストラリアはでっかいどー! 興奮しすぎて飛行機の中ではほとんど眠れなった私。ゴールドコースト空港に着いてからはさらに血圧がヒートアップしていた。うわ~、外国の匂いがする…、みんな英語でしゃべってる…、もう好奇心の塊だ。旅行好きの私はこれまで何カ国かは行ったことはあるが、最長でも2週間ほどだった。そう、今までとは全然ちがう。これは旅行じゃない。私はこれからここ異国の地に住むんだ。うぉぉぉ! どうしよう鼻血が出そうだ。そんな興奮ぎみの私に外人の兄ちゃんが話しかけてきた。何? さっそくナンパ?! などと自惚れていたが、どうやらその人はこれから通う学校の人だった…。あ、送迎の人…。そんな恥ずかしい勘違いをしても興奮はおさまらず、ゴールドコーストから1時間ほど南下したところにあるバイロンベイの学校までの車の中、私は送迎の兄ちゃんに延々とこの感動を語っていた。そんな風にして私のオーストラリア生活の幕が開いた。最初の3ヵ月の間学校に通っていたが、見るものすべてが新鮮でまるで私は子供のようにテンションが高かった。でもすべてのことに終わりはやってくる。楽しい学校生活も終わりに近づき、新しいステージに向かう時期がやってきた。というわけで、セカホをゲットするためのファーム探しが始まった。セカホは3ヵ月の季節労働が必須。だけどいつでも働けるわけじゃなく、野菜やフルーツの育ち具合で収穫時期が決まり、その情報は都度変わるので移動する直前に調べないと意味がない。まずは、ファームの連絡先をゲットするためオーストラリア政府が運営するサイト『Australia Government』の”Harvest job”を調べた(http://jobsearch.gov.au/harvesttrail/default.aspx)。その中でクイーンズランド州のファームを検索するとバイロンベイにコーヒーファームを発見。ここだ! と思いさっそく連絡することに。すると今は季節外れで仕事がないというではないか。仕方なく諦め他にもいくつか電話してみたが、皆似たような回答。探していたのは9月のクイーンズランド州だったが収穫の時期は夏場の12月頃からということ。ファームで重要なのは時期なのか…、ガーン…、知らなかった。絶望してばかりもいられない。次にファームを紹介している日本人エージェントに電話してみると、そこでは仕事ができる保障はするが仲介手数料がかかるという。作業によって異なるが大体$1000前後支払うのだ。働けば元は取れるし、日本語で説明してくれるので安心。てっとり早く3ヵ月でゲットできるならここに頼みたい! そう思ったが、じつは楽しい学生生活で浮かれて毎日飲めや歌えやで遊んでいたため、気づけば所持金はほぼゼロになっていた。我ながら情けない…。ここは最後の手段、ファームへ行った友達A子を頼ることに。でもこれが大正解だった。トントン拍子で話しは進みファーム決定! 作業内容や住居について、どのくらい稼げるかなど、そのファームの情報を詳しく知りたいなら、実際働いている人に聞くのが一番だった。そりゃそうだ! 行先が決まって安心した私は残りの学生生活を有意義に過ごすべく(??)、引き続き飲み歩くのだった。

>> Blog Top へ戻る

この記事をシェアする

Y子のファーム日記一覧

この投稿者の記事一覧

その他の記事はこちら