文化・芸能

ボンダイ芸術祭の主催者 歩道修繕に不満

【シドニー11日AAP】  シドニーのボンダイビーチ沿岸で毎年開催されている芸術祭「スカルプチャー・バイ・ザ・シー」の主催者が、地元カウンシルが計画している障害者用の歩道設置により、芸術祭の展示に大きな影響が出るとして、NSW州政府に介入を求めているもようだ。

 

スカルプチャー・バイ・ザ・シーの創始者でディレクターのハンドリー氏は、ウェイバーリー・カウンシルがマークス公園近くに幅1.8メートル、距離279メートルのコンクリート歩道を設置することについて、目玉となる作品を展示している10メートル区間のうち、8メートルが使用できなくなると懸念を示した。

 

一方、ウェイバーリー・カウンシルは、主催者からのイベントが妨害されるという主張に驚いたとしており、同カウンシルのマクラウド会長は、「障害者の人たちに快適な暮らしを提供することのほうが、多少の不便やイベントへの影響よりも重要というのがカウンシルの考えだ」と説明した。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

生活

高齢者の処方箋 多すぎ?

【パース15日AAP】   西オーストラリア大学とニューサウスウェールズ大学の共同研究によると、国内の70歳以上の高齢者100万…

生活

シドニーで新たにはしか

【シドニー9日AAP】   シドニーで、東南アジアから帰国した男性が新たにはしかと診断された。クリスマス以降、NSW州で40人以…