政治

海外在住の年金受給者 「生存証明書」必要に

【キャンベラ9日AAP】   海外在住の80歳以上の年金受給者は、2年ごとに生存証明書を提出する必要になることが、モリソン政権の復活法案で制定されていることがわかった。

 

連邦政府の概算によると、この法案により海外に住む2万5000人の年金受給者に影響が出るとし、2億2000万ドルの節約につながるとみている。

 

対象となる受給者は、生存者証明書を13 週間以内に提出する必要があり、しなかった場合は年金給付が停止されるという。再支給されるには13週間以内に手続きをしないと、年金受給資格がなくなる。

 

今回の法案は、英国、ドイツ、オランダ、フランス、イタリアなどの国と同調する形になるという。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

ビジネス

労災死亡の法律制定へ NT

【ダーウィン14日AAP】   NT準州の刑法で、労働災害の死亡事故に関する法律案が出されており、国会で承認を受ければ今年の終…