ビジネス

ロックアウト法を廃止 シドニーCBD

【シドニー13日AAP】   シドニーCBDで14日、ロックアウト法が廃止される。ナイトタイムエコノミーの復帰が歓迎される一方、アルコール関連暴力の増加が心配される。

ロックアウト法は2014年、2人のワンパンチ死亡事件を受けて導入された。14日にキングス・クロス地区を除いて廃止される。

ナイトタイム企業団体(NTIA)のマイケル・ロドリゲス会長は13日、「シドニーにとってターニングポイントだ」と声明を発表した。NSW州のエイルズ観光相は、「責任を持った行動をとり、お互いに気を配りながらナイトタイムを楽しんでほしい」と話した。

一方で州保健サービス組合は、夜遅くの暴力事件が増加するのではと懸念を示す。警察協会も、コミュニティと緊急サービス職員の安全が大事だとして同様に懸念を示した。

同法廃止により、シドニーCBDで午前零時以降にカクテルやショット、グラスで提供される飲み物の規制がなくなり、ラストオーダーも午前3時30分まで30分延長される。さらに、酒屋の営業終了時間の規制もなくなる。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

鉱山作業員の男性死亡か TAS

【ホバート24日AAP】  TAS州の西部沿岸のヘンティー金鉱山で発生した事故で、地下700メートルに閉じ込められていた作業員の男…

一般

山火事による死者25人に NSW

【シドニー24日AAP】  NSW州の山火事で、新たに一人の男性の遺体が発見されたことから、同州における火災による犠牲者の数は2…