一般

感染者500人 自己隔離違反で通報

【メルボルン7日AAP】  VIC州で新型コロナウイルスの感染者500人が、自己隔離のルールに違反したとして、VIC州警察に通報されていたことが分かった。これを受けて同州政府は、感染者の自己隔離について、警察、軍、保健当局の職員による確認を強化する方針を固めた。

 

豪政府軍による訪問確認では、7月22日から作業を開始し、感染者約5,000人を訪問。7日には一日当たり1,150人を訪問し、このうち1,150人は指定された場所に居ることが確認された。ただ、150人については居場所が確認できず、約500人は指定された以外の場所に居たため、警察が対応したもようだ。

 

VIC州では4日、ウイルスの要請患者と濃厚接触者について、2回以上にわたり自己隔離のルールに従わなかった場合、4,957ドルの罰金を科すと発表しており、この金額は、VIC州警察がその場で科す罰金額として最高額となっている。VIC州警察は、7日朝までの24時間で新型コロナに伴うルール違反に対し、196件の罰金支払いを命じた。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

SA州、ACT州との州境を再開

【SA15日】   SA州政府は、16日から首都特別区域(ACT)との州境再開を発表した。NSW州とは閉ざされたままだ。 ACTからSA…

国際

IS 新型コロナを兵器に?

【ACT14日】   連邦政府は、イスラム国(IS)の東アジア支部を“テロ組織“として再記載した。ISは先立って、新型コロナウイル…