その他

新たな国立公園「コアラの国」 NSW

【シドニー23日AAP】   NSW州サザン・ハイランドに新たな国立公園が設立された。同州で減少するコアラを保護すると期待される。

広さ3,558ヘクタールのグーラ・ニューラ国立公園は、コアラや黒色コカトゥー、フレーム・ロビン、オプトフクロモモンガなど絶滅危惧20種以上を含む、野生動物139種の生息地だ。名前の「グーラ・ニューラ」は“コアラの国“を意味し、先住民族らが推薦した。

キアン州環境相は23日、「木の保護なしでコアラを保護できない。国立公園の拡大ほど優れた木の保護方法はない」「子どもたちと、その子どもたちが野生のコアラを見れるように」と話した。昨夏の山火事で、およそ3万頭のコアラはほぼ半数になったと見積もられる。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

NZ経由での他国訪問には刑罰

【ACT21日】   19日から、オーストラリアはニュージーランドとのみ隔離なし渡航が可能になった。ニュージーランド経由による…