一般

デルタ株に感染も他州へ移動 罰金およそ1万ドル

【QLD27日】   新型コロナウイルスのデルタ株に感染したシドニーの男性が、虚偽の申告でQLD州に入州したとして、罰金およそ1万ドルを科せられた。同州で隔離を強いられている間も公衆衛生違反を繰り返したようだ。

26歳の男性はシドニーからNSW州北部バリナに空路で移動し、ブリスベン北部バンヨーの女性と会った。2人は14日午後1時頃、女性の運転で州境を超えてブリスベンに向かった。警察によると、男性は翌日店舗などに入る際に偽の個人情報を使ったという。

男性はその後、ブリスベンのホテル隔離施設に収容された。デルタ株感染に陽性を示しながらマスクを着用せず、ホテルの部屋のドアをたびたび開けた疑いだ。男性は罰金3件を科され、バンヨーの女性も罰金4,135ドルを科された。

今月初めにシドニーがロックダウンに入って以来、QLD州はシドニーをホットスポットとみなしている。

ソース: news.com.au – Sydney man positive with Covid-19 Delta variant fined nearly $10k for fleeing to Brisbane

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

政治

RBA、政策金利2.6%に引き上げ

【ACT4日】   オーストラリア連邦準備銀行(RBA)は4日、定例理事会で政策金利を0.25パーセント増の2.6パーセントに引き上げ…