dentalclinic
未分類

意外!チョコレートは歯にいい?!

バレンタインシーズン、普段よりたくさんのチョコレートが店内に並び、ついつい買って食べてしまいますよね。

バレンタインデーはキム先生よりスタッフへチョコレートが配られました。

 

そのチョコレートですが、歯に良くない食べ物の代表として取り上げられることも少なくありません。

もちろん、チョコレートに含まれる糖分(ショ糖)はむし歯の原因になるので注意が必要ですが、実は歯に良い面もあるそう?!

研究で、チョコレートに含まれるカカオ・ポリフェノールにはむし歯や歯周病予防に役立つ効果があるということが報告されています。

カカオ・ポリフェノールの効用

・むし歯菌(ミュータンス菌)への抗菌作用

・歯周病菌に対する殺菌効果

・歯垢をつきにくくする

・口臭を防ぐ

などなど

ただ、チョコレートは歯にいい事ばかりではなく、悪い面も。。

それは糖分!

虫歯菌は糖分(ショ糖)をエサにしプラークを作り、やがてエナメル質を溶かしむし歯にしてしまいます。

そのため、チョコレートを選ぶ際は糖分(ショ糖)の少ない物を選ぶのが大事なポイントです。

(ミルクチョコレートにはカカオ・ポリフェノールが少なく、ホワイトチョコレートには含まれていません。

抗酸化作用を得るためには、カカオ・ポリフェノールが多く含まれるビター・チョコレートがおすすめ!)

虫歯になりにくい食べ方のポイント

■歯に付いたままにしない

チョコレートの種類によっては歯に張りつきやすいものもあります。こんなときは飲み物などで洗い流すか、食べ終わった後には歯ブラシなどでよく落としましょう

■ 長時間に渡って食べない

だ液は、歯が少し溶けてしまっても、修復させて元に戻そうとする働きがあります。
しかし、それには時間がかかります。

そのため、頻繁に間食などがあると、修復の作業が間に合わず、虫歯となるリスクは高まってしまいます。

■ 寝る前には食べない

人は眠っている間、だ液の量が少なくなるので虫歯菌によって溶かされた歯を修復できず、虫歯のリスクがさらに高まります。

 寝る前の歯磨きは念入りに!

チョコレートと上手に付き合って、甘くて素敵なスイーツライフを!

📞Call us: 9269 0514 ◆ www.bestdentist.c­om.au ◆ Dr Knox Kim is Diamond Invisalign Provider and Invis­align’s only Clinical Consultant/ Speaker among General dent­ists in Australia Top 6th in the world in Invisalign Interna­tional Gallery #stra­ightyourteethwithout­braces #invisalign #braces #sydneydentis­t#dentalclinicatworl­dtower #cosmetic #be­stdentist #citydenti­st#cerec#onedaycrown­#rootcanaltherapy#wi­sdomtooth​ #インビザライン#矯正 #シドニー#歯医者 #歯科矯正#矯正女子#ビフォーアフタ­ー#海外#海外移住#歯#オーストラリア #マウスピース矯正#隐适美#牙科诊所#中文#牙医

この記事をシェアする

この投稿者の記事一覧

概要・お問い合わせ

その他の記事はこちら