生活

インフルワクチン 80万人分を追加製造

【シドニー26日AAP】  連邦政府は26日、国内でインフルエンザワクチンの需要が急増し、在庫不足に陥ると懸念が広がっていることを受け、今後数か月間で約80万人分を追加製造すると発表した。保健当局は、全国で予防接種プログラムを展開し、接種を呼びかけている。

 

インフルエンザワクチンの予防接種を受けた人の数は、これまでに1,000万人に上り、昨年からは26.5%の増加となっている。保健当局のホッブス氏は、予防接種の呼び掛けに多くの人が応じたことが「大きな需要」につながったと分析。「今度もワクチンの需要量を見極めていく」と述べた。

 

また、保健当局は高齢者向けのワクチン9万3,000人分をすでに確保し、配布を開始しているほか、来週末までに、さらに15万人分を配布するとしている。その後、8月~9月のピークシーズンを迎える前の7月半ばまでには、追加製造したワクチンが準備できるとの見方を示している。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

生活

強盗容疑者、逃亡中に溺死か

【アデレード3日AAP】   SA州南東部ベリーで3日、警察から逃れるために川に飛び込み行方不明となっていた強盗の容…