一般

NZ乱射 容疑者の親族が心境語る

【メルボルン17日AAP】   ニュージーランド・クライストチャーチ銃乱射事件で起訴されたオーストラリア国籍のブレントン・タラント容疑者の親族が17日、ナイン・ニュースで心境を語った。

NSW州北部グラフトンで、タラント容疑者の叔父のテリー・フィッツジェラルドさんは、「死傷者やその家族に申し訳ない。ブレントンの行いは間違っている」と述べた。祖母のマリー・フィッツジェラルドさん(81)は、「家族にこんなことをする人がいるなんて考えられない」とショックを表した。同容疑者は2010年、父をがんで亡くした後に欧州に向かったとされるが、帰って来た時は人が変わっていたという。ハイスクール時代は、異性よりもコンピュータゲームに興味を示していたようだ。

事件後、同容疑者の母と妹は警察の保護下にある。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

生活

VICインフル感染乳児 400人超

【メルボルン21日AAP】   VIC州で今年、生後12か月未満の乳児416人がインフルエンザに感染した。昨年同時期はわずか29人。州…

一般

NSW病院職員 来月ストか

【シドニー16日AAP】   NSW州の病院職員や救急隊員など2万2,000人以上が、職場の安全を求めて来月ストライキを起こす可能性…