一般

農家脅かす動物愛護家に罰金 QLD

【ブリスベン15日AAP】   QLD州政府は、同州の酪農場や食肉処理場に不法侵入した動物愛護運動家に対し、600ドル以上の罰金をその場で科せるよう規制を変更した。

バイオセキュリティ規制法2016年の変更のもと、動物や作業者の安全、バイオセキュリティへの脅威と見なされる人物に対し、警察や職員が罰金を科せられるようになる。

同州のファーナー農産業開発相は14日、「圧倒的多数の農業ビジネスとともに、動物の保護を真剣に受けとめる」と話した。同州南東部で昨年から、動物愛護家らが酪農場や養鶏場、養豚場に侵入し、多数が不法侵入で起訴されている。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

生活

インフル関連死31人に VIC

【メルボルン17日AAP】   今年になって、VIC州で31人がインフルエンザ関連で死亡した。感染者数は昨年の9倍に上っている。 …

政治

2019/20年予算案を発表 NSW

【シドニー18日AAP】   NSW州政府は18日、2019/20年度予算案を発表した。2018/19度の財政黒字は8憶200万ドル。3月の選挙前…