一般

口論で女性従業員負傷 シドニー西部

【シドニー21日AAP】   シドニー西部パラマタのたばこ店で、女性従業員に向かってティーンエージャーがナイフを投げつけ、女性は危うく失明を免れた。

20日午後7時45分頃、16~18歳とされる男は店内に入り、カウンターにいた30代の女性従業員に近づいて口論を始めた。男が投げつけたキッチンナイフは女性の顔に当たったが、辛うじて目は避けられた。女性は安定した状態でウエストメッド病院に搬送された。

警察は男の行方を追っている。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

政治

期日前投票に制限を

【キャンベラ19日AAP】   今年の連邦選挙で、史上最多の有権者476万人が期日前投票を行った。公約内容等を十分認識してから…