一般

口論で女性従業員負傷 シドニー西部

【シドニー21日AAP】   シドニー西部パラマタのたばこ店で、女性従業員に向かってティーンエージャーがナイフを投げつけ、女性は危うく失明を免れた。

20日午後7時45分頃、16~18歳とされる男は店内に入り、カウンターにいた30代の女性従業員に近づいて口論を始めた。男が投げつけたキッチンナイフは女性の顔に当たったが、辛うじて目は避けられた。女性は安定した状態でウエストメッド病院に搬送された。

警察は男の行方を追っている。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

その他

猫を無料で提供 SA州RSPCA

【アデレード10日AAP】   SA州の動物虐待防止協会(RSPCA)は今月一杯、シェルターで保護されている猫の引き取り手数料50ド…