生活

インフル関連死 VICで26人

【メルボルン21日AAP】   VIC州で今年、子ども3人を含む26人がインフルエンザで死亡した。

インフルエンザ関連で死亡した26人のうち、23人は老人介護施設の居住者だった。VIC州のミカコス保健相は、子ども3人(3歳、6歳、11歳)の死亡は稀だとして、「他に疾患を抱えるなど脆弱であった可能性がある」と話した。

VIC州の保健機関は、これまでで最多の200万人分の予防接種を発注した。5歳未満の子どもも無料で受けられるとして、接種を受けるよう州民に促す。

インフルエンザの報告は夏に始まったことから、感染がピークの北半球を訪問した旅行者が持ち帰ったと考えられた。増加を続けるはしかも同様だ。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

政治

2019/20年予算案を発表 NSW

【シドニー18日AAP】   NSW州政府は18日、2019/20年度予算案を発表した。2018/19度の財政黒字は8憶200万ドル。3月の選挙前…