ビジネス

デジタル銀行「86 400」 当局が認可

【シドニー18日AAP】  オーストラリア金融監督庁(APRA)は18日、電子決済企業カスカル(Cuscal)から支援を受ける新興デジタル銀行「86 400」に対し、預金受託機関(ADI)として銀行免許を発行したことが分かった。これにより、国内のADIは92機関となる。

 

86 400のロバート・ベルCEOは、APRAによる2年間におよぶ審査について、非常に徹底したものだったと明かし、「実店舗を持つ銀行と同様に、堅固で安全であると証明するため、あらゆるストレステストを行った」と述べた。また「オーストラリアの最も新しい銀行となり、喜んでいる」と話した。

 

86 400をはじめとする“ネオバンク”は、いずれも実店舗を設置せず、顧客のスマートフォンを介して業務を行う。86 400は近く、アップルストアとグーグルプレイストアからアプリの配信を開始する見通し。国内では今年1月、同業「Volt Bank」が国内で約20年ぶりにADIとして認可を受けており、同業「Xinja Bank」も認可手続きを進めているもようだ。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

運転中のテキスト送信増加

【ブリスベン26日AAP】   車の運転中に携帯電話でテキストメッセージを送るドライバーが増えている。運転中の携帯電話使用は…

一般

国内アパート欠陥 62憶ドル

【シドニー19日AAP】   建設・林野・海運・鉱山・エネルギー労組(CFMMEU)は、国内のアパートの欠陥修理費用を62憶ドルと見…