一般

児童虐待通報 宗教指導者らに義務化

【メルボルン10日AAP】   VIC州議会は、児童虐待の通報を怠った教会の神父や宗教的指導者らに対し、最長で懲役3年を科す新たな法を可決させた。

州政府が導入した同法案は先週、立法議会の承認を受けて10日に上院議会で可決された。

新たな法のもと、たとえ罪の告白時間中に明らかになった身体的・性的児童虐待であっても、神父や宗教的指導者らは警察への通報が義務付けられる。違反者には最長で3年の刑期が科せられる。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

夏の水難事故を警告 

【キャンベラ16日AAP】   2018/19年度、国内で276人が溺死した。このうち半数近くが夏に発生しており、ライフセーバーらは…