一般

センターリンク不正受給 9万件の市民通報が

【キャンベラ15日AAP】   連邦政府のスチュアート・ロバート幹部議員は、市民からの通報により、合計1億ドル以上のセンターリンクの不正受給がされていたことが明らかになったと述べた。

 

人材サービス省は、2018年から2019年の会計年度で、生活保護、メディケア、児童扶養手当の不正に関する市民通報が9万件以上あり、200件が捜査対象となったとした。

 

ロバート議員は、49件のケースが裁判にかけられているとし「9万件という通報数は深刻な状況。政府に対する詐欺行為なだけでなく、税金を払っている隣人からお金を盗んでいる行為だ」と述べた。

 

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

家庭内暴力4月は12%減 NSW

【シドニー28日AAP】  NSW州犯罪統計局の報告によると、4月に発生した家庭内暴力関連の襲撃事件件数は2,145件となり、前年同…