国際

NZホワイト山 噴火の確率6%

【ニュージーランド13日AAP】  ニュージーランドのホワイト島で発生した火山の噴火事故で、地元警察や防衛軍は13日、事故現場から6人の遺体を収容した。作業には数百人が関わったが、最終的に島へ上陸したのは、防衛軍の爆発物処理チームなどから男女8人だった。これまで死者は14人、行方不明者2人となっている。

 

NZ警察と防衛軍は12日、地質調査会社GNSサイエンスが収集したデータに基づき、13日の作業が可能と判断を下した。最新の地震波情報によると、振動は落ち着いているものの、9日の噴火直前の数値を大きく上回っており、3時間ごとの地震が発生する確率は6%だったという。

 

また、島に上陸した作業チームは酸素マスクや防護服を着用。作業を終えて近くに停泊する軍艦HMNZSに戻るまで、最大4時間半の作業が可能となっている。また、交代が必要な場合に備え、このほかに8人の作業チームが待機した。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

クジラ270頭が座礁 TAS州

【TAS21日】   TAS州西海岸沖で、ゴンドウクジラおよそ270頭が座礁している。海洋保護専門家らは大規模な救出作業を開始する…