生活

ライトレールついに開業へ シドニー

シドニー13日AAP】  シドニーのサーキュラーキーとランドウィックを走るライトレールのサービスが、14日にいよいよ開業となる。始発は午前11時に出発予定となっており、混雑に備えて係員が通常よりも多めに配置されるとみられる。

 

総工費29億ドルのライトレールはこれまで、大幅な予算超過と工事の遅れなどが問題となっていた。開業日となる14日は、乗車料金が無料となる。また、キングスフォード線は、2020年初めまで開業することはないとみられている。

 

NSW州のコンスタンス運輸相は13日、開業を前にムーアパークのアンザックパレード上に架かった歩道橋のオープニングセレモニーに出席。「すべて準備は整った」と述べ、週末はライトレールに乗るためにぜひ出かけて欲しいと呼びかけた。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

嵐で1万6千棟停電 QLD

【ブリスベン22日AAP】   QLD州南東部で21日午後9時過ぎ、嵐によって住宅1万6,000棟近くが停電になった。先週から豪雨の続く…