国際

日豪首相 9日夜にバーチャル会談

【キャンベラ8日AAP】  連邦政府のモリソン首相と日本の安倍首相は9日夜、ビデオリンクを使ったバーチャルサミットを行い、宇宙研究や医療などでの協力について話し合い、合意書に署名するとみられている。モリソン首相は、今年1月に訪日を予定していたが、山火事の拡大で延期となっていた。

 

さらに両首相は、安全保障や防衛での協力関係の強化や、パンデミックの対処などについて経験を共有する予定だ。モリソン首相は、会談について「世界経済や戦略が不透明ななか、両国の特別な戦略的パートナーシップを強固なものとするだろう」と述べた。

 

また、ジャパンタイムズ紙によると両首相は、合同演習や自然災害など援助活動を行うために互いの軍隊を国内に駐屯させられるよう、法的調整を行う可能性もあるようだ。今回はバーチャルサミットとなるが、モリソン首相は渡航が可能となった場合、速やかに訪日を実現したい意向を示した。

 

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

生活

失業手当受給条件を再導入

【キャンベラ4日AAP】   VIC州を除き、パンデミックで失職した全国の失業者が仕事を探し始める必要がある。政府から提案され…