一般

未確認生物のヨーウィー出現? QLD

【ブリスベン9日AAP】  QLD州南東部の山間部で、「ヨーウィー」と呼ばれる未確認生物の目撃情報が増加している。最近ではトゥーンバ近くでブッシュウォークをしていた女性が、ヨーウィーを目撃したと伝えられており、同地域でちょっとした話題となっている。

ヨーウィーを研究するトニー・ヒーリー氏によると、ヨーウィーの目撃談は1830年代までさかのぼり、いずれもヨーウィーを「毛むくじゃらの男」と説明しているという。また目撃者らは一様に、背筋が凍るような恐怖感を覚えたと振り返るが、ヒーリー氏自身はヨーウィーを実際の生き物というより超常現象とする見解を示している。

またゴールドコーストの奥地、タンバリン・マウンテンの近くでもヨーウィー研究者のディーン・ハリソン氏が目撃談を報告している。ハリソン氏は1995年、自宅の裏庭で午後11時頃、人間とは思えないぞっとする唸り声を聞いたのをはじめ、その2年後には身長2メートル以上はあるとみられるヨーウィーを目撃したという。

一方、ヨーウィー研究に22年を費やしたティモシー・ブル氏は、「実在するのならば決定的な目撃情報がないのは不可解」、「少し疲れてしまった」と話し、ヨーウィーの存在を証明することを諦めたそうだ。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

帰国者の受け入れを増加 NT

【NT11日】   帰国者の検疫用に使われているダーウィンのハワード・スプリングス施設は、来月から受け入れ数を増やして帰国…