スポーツ

全豪オープンで大阪なおみ優勝 試合後スピーチが話題に

【メルボルン21日】   全豪オープンの女子シングルスの決勝戦で、大阪なおみ選手がアメリカのジェニファー・ブレイディ選手を6-4 、6-3のストレートで破り、グランドスラム4勝目の快挙を達成した。

 

試合後の優勝スピーチでは、対戦相手のブレイディ選手は「ジェニファーかジェニー、どっちで呼んでほしい?」と聞いたなおみ選手に、「ジェニーがいい」と答えたが、なおみ選手が「最初に、ジェニファーにおめでとうと言いたい」と続けたため、後でSNSなどでも話題になった。

 

なおみ選手は「あなたが勝ち残るだろうと思っていたけど、実際にそうだった。これからも試合でたくさん対戦することになると思う。」と語った。

 

ブレイディ選手の健闘を称えたスピーチをしたなおみ選手に、 「ただの聞き間違い 」と解釈した人が多く、2019年以来2度目の優勝を果たした新女王を祝福した。

 

ソース : news.com.au – Naomi Osaka’s awkward victory speech blooper after Australian Open win

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

WA不明女児の安全を祈り 

【WA25日】  WA州で1週間以上にわたって行方がわからなくなっている4歳の少女のための祈りが行われた。警察は誘拐事件とみて…