生活

ワクチン接種完了80%達成 「夏にむけて順調」NSW首相

【シドニー17日】   NSW州ではワクチン接種完了率80%を予想よりも2日早くに達成し、18日から行動規制がさらに緩和される。

 

同州では15日の時点で78%以上の接種完了率を達成していたが、16日に80%を超え、同日に会見を行ったペロテット州首相は「NSW州の夏は見通しが明るい」と成果を喜んだ。数ヶ月前までは、オーストラリアは先進国の中で最も接種率が低い国の一つだった。

 

NSW州は国内で接種完了率が80%を超えた最初の州で、2番目がACTの78.8%、3番目がTAS州の68.1%、VC州の65%、NT準州58.8%、SA州の58.1%、QLD州の56.2%、WA州の55.2%と続く。

 

行動規制の緩和により、他家庭訪問が最大20人まで、屋外では最大50人になるほか、美容院・理髪店や礼拝堂などでの人数制限がなくなる。

 

また、予防接種完了者はオフィスビル内などでのマスクの着用はなくなるが、ホスピタリティ業のスタッフは屋外でもマスクの着用が義務付けられる。

 

ソース: news.com.au – NSW hits vaccine milestone faster than expected, Premier declares ‘summer is looking good’

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

TAS、来月15日に州境再開 

【TAS23日】   TAS州のガットウェイン首相は、来月15日に州境を再開すると発表した。再開までに同州のワクチン完了率が90パ…