スポーツ

豪入国不可のジョコに「全仏オープンは可能」 仏スポーツ相

【パリ8日】   全豪オープン出場の世界ランキング第1位のノバク・ジョコビッチ選手がオーストラリアへの入国を拒否されたことを受けて、フランスのマラシネアヌ・スポーツ相は7日に「全仏オープンに出場する場合はワクチン未接種でも問題ない」と発表した。

 

現在ジョコビッチ選手はメルボルンの隔離ホテルに滞在中で、入国禁止措置の撤回を求めている。オーストラリアでは入国の際にワクチン接種が完了しているか、医学的理由による免除の何れかを証明する必要があるが、ジョコビッチ選手は何れの証明も出来なかった。

 

同スポーツ相は「フランスでは現在外国籍の選手や旅行者に対してのオーストラリアのような制約はない。大規模なスポーツ大会などでは感染予防の「バブル」が取り入れられるため、ワクチン未接種者でも参加はできる」と述べ、全仏オープンが開催される5月には状況が明確になっていることを望んでいる、とした。

 

ソース : news.com.au – Novak Djokovic can play in the French Open even if he’s unvaccinated

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

日本脳炎で2人目の死亡 NSW

【NSW23日】   NSW州で2人目の日本脳炎による死亡が確認された。 同州で2月、最初の日本脳炎ウイルス感染が確認されてか…