一般

膨張式遊具の運営者 安全指導を受ける VIC

【VIC23日】   ジャンピングキャッスルなどの膨張式の遊具オペレーターに対して、VIC州当局は安全面で少なくとも3点において問題があるとして通告したことが明らかになった。

 

昨年12月にTAS州でのジャンピングキャッスルでの強風による事故を受けて、イースターホリデー中は多くの娯楽施設のオペレーターたちが州をまたいで運営するため、WorkSafeは事故の再発を防ぐために検査をしている。

 

その中で、VIC州のオペレーターが先週、遊具の適切な重石がなかったことと、雨天時に不適切な電動送風機を使用していたことなどの安全面の不備を指摘された他、高電圧線の下に4.7メートルの高さの膨張式遊具が設置されていたことも問題になった膨張式の遊具は、弱風の予報や遊具が使用されていない場合も適切な重石で設置することが必要になっている。

 

昨年12月にデボンポートのヒルクレスト小学校で、強風によりジャンピングキャッスルが上空に舞い、6人の生徒が死亡している。

 

ソース: news.com.au – Jumping castles and other inflatable ride operators on notice after multiple breaches

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

政治

2022/23年度NSW州予算案を発表

【NSW21日】   NSW州のキアン財務相は21日、2022/23年度の州予算案を発表した。州選挙を9か月後に控え、家計や保健、女性に…