政治

不審な車、首相官邸近くで発見

8日午後3時、キャンベラの首相官邸近くで不審な白いバンが放置されているのが発見され、国会議事堂、首相官邸につながるアデレードアベニューとステートサークルの間の道路は遮断、警戒態勢に入った。

警察は遠隔操作可能な爆弾探知ロボットを送り込んで車両を調査、結果異常は見あたらず車発見から数時間後に警戒態勢解除と共に安全宣言、道路も再開された。不審なバンは、官邸から100メートルも離れていない高速道路への流入ランプ上に数日前から放置されていたという。国会議事堂の避難は行われず、ハワード首相は不在だった。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

生活

郵便料金 来月値上がり

【ACT16日】   オーストラリア・ポストは来月5日、郵便料金を値上げする。高インフレの影響があらゆる面に表れている。 …