国際

マッカートニー氏、犬猫の残虐殺戮に憤慨「中国では公演しない!」

ロンドン28日 -中国で毛皮のために犬や猫を残酷に殺害している秘蔵ビデオを見たポール・マッカートニー氏は、中国へのツアーは今後実施しないと語った。

中国南部の毛皮市場で撮影されたビデオには、改造されたバスのデッキの上からコンクリートの歩道に投げ捨てられている犬や猫の映像が映し出されている。また、別の場面では、沸騰したお湯が入った桶の中に投げ入れられる前の猫が袋の中でもがいている様子が写っている。ビデオの中には、動物を殺すために、非道にも笑いながら動物を激しく叩く労働者の姿もある。

これは、動物愛護団体(PETA)と関係のある人物によって調査され、記録された映像である。マーッカートニー氏はBBCに対し、「なんとも残酷な行為。かれらは残忍な人々だ」と語り、中国では自分のパフォーマンスをしたいとは思えないと主張した。同氏の妻へザーさんは、「動物が生きている状態で皮をはがされている映像はたくさんみてきたわ。世界中の人はみな中国の製品をボイコットするべきよ。」と怒りをあらわにした。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

NSW州で母子5日間不明 

【NSW11日】   NSW州で母親と幼い娘が5日間行方不明になっている。警察は市民に母子の捜索支援を要請した。 エミリー・ジ…