一般

同性愛の子どもを差別から保護

【キャンベラ15日AAP】   連邦政府は今週、キリスト教など宗教学校が、同性愛者の学生を差別する権限を撤廃する見通しだ。

2013年以降、ほとんどの州の宗教学校でLGBTI(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー・インターセックス)の学生の排除が可能になっているが、実際に行われたことはない。宗教学校の教職員らも、特別扱いは必要ないとの見解を示す。

野党労働党はさらに、宗教学校がセクシュアリティを理由に教師を雇用・解雇する権限の撤廃も求めている。モリソン連邦首相は15日、「教師の保護も大切だが、子どもを差別から守ることがまず優先」と議会で述べた。

元連邦首相のトニー・アボット議員は、「これまでに同性愛者の子どもが差別を受けた証拠はない。議論に上がっていること自体に当惑する」と話しつつ、政府の考えを支持した。

国内のキリスト教ロビー団体は、「信仰の自由によって、教会や宗教機関は“宗教観や信念を共有するメンバーを選べる”べき」と話す。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

薬でアイス中毒の解毒を

【メルボルン17日AAP】   通称「アイス」と呼ばれる薬物メタンフェタミンの依存を薬を使ってやめさせるプログラムが、国内東…