一般

津波の危険性 最も高いのはWA州

【キャンベラ5日AAP】   国内で最も津波の影響が高いのは、インドネシアの活発な地震帯に近隣しているWA州の北西海岸だということが、新たなデータで明らかになった。

 

ジオサイエンス・オーストラリアによる10年前からのデータによって作成された最新の津波危険モデルは、災害リスク管理や避難プラン、社会基盤計画に利用されるという。

 

マット・キャナバン豪北部担当相は、WA州の海岸に津波が来る可能性は低いと見られているが、この地域にヨーロッパ人の入植が始まって以来50以上の津波が国内で発生していると述べた。

 

 

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

豪美術評論家、74歳で死去

【キャンベラ7日AAP】   米タイム誌で1970以降、30年間連続で美術評論家としての腕を振るったロバート・ヒュー…

一般

豪国民、戦争よりテロを懸念

【シドニー17日AAP】  オーストラリアン紙が実施した世論調査によると、回答者の79パーセントが、今後20年以内に国…