国際

豪人夫とタイ人妻 薬物密輸で死刑判決

【パース14日AAP】  タイの裁判所は14日、国際的バイカーギャングのヘルズ・エンジェルスに所属するルーク・クック容疑者(34)と、タイ人妻のカンヤラット・ウェチャピタク容疑者(40)に対し、死刑を言い渡したことが分かった。ただ、最終的には終身刑に減刑される見通しだ。

 

クック容疑者は、中国からタイへヨットで薬物を密輸するコーディネーターを務めていたが、2015年6月にタイの規制当局がヨットを発見した際、袋4つ分に分けられた重さ約50キログラムの薬物が海岸に打ち上げられていたという。

 

連邦のモリソン首相は、海外でオーストラリア人に死刑が言い渡されたことについて、「オーストラリア人の旅行者は、訪れた国の法律をきちんと守ることの重要性をあらためて教えてくれた」とコメントした。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

違法薬物支出に93憶ドル

【キャンベラ20日AAP】   オーストラリア犯罪情報委員会(ACIC)が排水中に含まれる薬物を分析した結果、国内で昨年、93憶ド…