生活

コンセッションの電力料金カット SA

【アデレード15日AAP】   SA州政府は、現在コンセッションの割引料金を受ける全顧客の電力料金を引き下げるよう、エネルギー供給会社のオリジン・エナジーと新たな割引協定を取り計らった。同州の17万人以上が年最大585ドル電力料金を節減できる。

同州のミシェル・レンシンク人的サービス相は、「SA州内の数千世帯が高い光熱費の支払いに苦しむ。再交渉によって18~20%の値引きが実現する」と述べた。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

NBN偽った詐欺が増加

【キャンベラ17日AAP】   国内で、ナショナルブロードバンドネットワーク(NBN)を偽った詐欺が増加している。被害額は毎月1…

政治

NSW州公共部門 人員削減へ

【シドニー15日AAP】   NSW州政府は、州予算の経費節約策のため公共部門の1000人以上の仕事の削減を発表する予定だという。 …