一般

介護施設入居者「囚人のよう」 王立委

【メルボルン17日AAP】  高齢者介護施設に関する問題を調査する王立委員会で、一部の入居者は「監獄に入っているような気持ち」を抱いていることが、明らかになった。ただ、ほとんどの場合では現実的な代案がないことも分かっている。

 

NSW州立大学のヘルシー・ブレーン・エイジング・センター(Centre for Healthy Brain Ageing)ブロダティー教授は、自分自身は施設で暮らしたくないと感じているのに、実際には退去が難しい場合の問題点を指摘。「彼らは自分たちを監獄の囚人のように感じている」と話した。

 

一方、老齢精神医学者や医師が報告した一例では、脳卒中で半身まひとなり、大人2人による24時間の介護が必要となった男性は、自宅介護ならば一日当たり2,000ドルのコストがかかるため、家族は介護施設へ入居せざるを得なかったという。男性は自由に帰宅することも出来ず、怒ったり悪態をつくなどし、医師らは「そのような患者を支援できないことを無力に感じた」と話した。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

国内各空港 職員が抗議活動

【メルボルン20日AAP】   国内空港の職員らは21日、賃金の引き上げと労働時間の保障を求めて抗議活動を行う。航空便への影響…