ビジネス

ホバートのケーブルカー設置 一歩前進

【ホバート12日AAP】  TAS州ホバートのウェリントン山に設置が検討されているケーブルカーについて、ケーブルカー企業が正式な申請書類をホバート・シティー・カウンシルに提出したことが分かった。ウェリントン山は標高1271メートルで、ケーブルカーが設置されるとホバート市街地を一望することが可能となる。

 

ケーブルカー企業のザ・マウント・ウェリントン・ケーブルカー・カンパニー(MWCC)は、804ページに上る申請書類の中で「環境面および経済面の両方において、持続可能なケーブルカーの設置に必要な基準を満たしている」と自信を示した。

 

ただ、批評家からは計画についてコミュニティーが適切な検討を行っていないと指摘しているほか、山頂に観光客が溢れかえり景観が損なわれるとの見方も示している。昨年5月には、グリーンズ(緑の党)のブラウン元党首を含む数千人が建設反対のデモを行うなどしたが、現州政府は総工費5,000万ドルの建設計画に前向きだ。カウンシルが建設の是非を問う投票は、早ければ8月にも行われる見通しだ。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

国内各空港 職員が抗議活動

【メルボルン20日AAP】   国内空港の職員らは21日、賃金の引き上げと労働時間の保障を求めて抗議活動を行う。航空便への影響…

政治

期日前投票に制限を

【キャンベラ19日AAP】   今年の連邦選挙で、史上最多の有権者476万人が期日前投票を行った。公約内容等を十分認識してから…

一般

国内アパート欠陥 62憶ドル

【シドニー19日AAP】   建設・林野・海運・鉱山・エネルギー労組(CFMMEU)は、国内のアパートの欠陥修理費用を62憶ドルと見…