生活

ドブネズミ急増 海外の駆除例も参考に

【シドニー23日AAP】  シドニー市ではここ数年、大規模な建設プロジェクトやインフラ整備にともない、ドブネズミが急増している。シドニー市の広報担当者は23日、ドブネズミ駆除の方法について、世界の他都市で採用された方法も参考にしていく方針を示した。

 

シドニー市はここ最近、感染症のレプトスピラ症が急増していることを受けて、公共の場に仕掛けるネズミ駆除用の罠の数をこれまでの約2倍となる860か所に増やした。レプトスピラ症はドブネズミなどが保菌し、これらの保菌動物の尿から土壌などに汚染が広がる。市内ではすでに多くの犬が感染によって死んでいるという。

 

シドニー市のムーア市長は、駆除用に仕掛けた罠の効果を監視する一方、他の都市で実施されている駆除の方法についても調べ、シドニー市にとって安全で適当かを判断したいと話した。同市はシドニー・トレインズ、プロパティーNSW、NSW土地・住宅共同組合などに対しても、ネズミへの対応を要請した。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

VIC大気質 世界最低レベルに

【メルボルン14日AAP】   VIC州は14日、大気質が世界最低レベルに達した。山火事の被害が大きいギプスランドからメルボルン…