一般

NSW中絶法案 アボット元首相も反対

【シドニー15日AAP】   NSW州で人工妊娠中絶を合法とする法案が今週、上院議会で議論される。これに先立ってシドニーで人工妊娠中絶に反対する抗議活動が行われ、トニー・アボット元連邦首相も演説した。

「生殖ヘルスケア改革法案2019年」が施行されれば、妊娠22週まで、さらに医師2人の合意があればこれを上回る週でも人工中絶が可能になる。同法案は先月、59対31で下院を通過した。

15日にハイドパークで行われた反対集会には、少なくとも2,000人が集まった。アボット元連邦首相は、「性別選択中絶と後期妊娠中絶を許可し、事実上オン・デマンドの幼児虐殺だ」と述べて同法案を批判した。集会には元国民党党首のバーナビー・ジョイス氏やNSW州のチュードホープ予算相の姿も見られた。

修正案のもと、医師は性別選択とみられる人工妊娠中絶を行わず、中絶手術の結果生存した乳児のケアを適切に行う。

中絶支持派は前日の14日に集会を行い、「偏見はごみ箱に捨てよう」と唱えた。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

家庭内暴力4月は12%減 NSW

【シドニー28日AAP】  NSW州犯罪統計局の報告によると、4月に発生した家庭内暴力関連の襲撃事件件数は2,145件となり、前年同…

一般

12歳少女、銀行に押し入る SA

【パース31日AAP】   SA州で12歳の少女を含む2人組が、ショッピングカートを使って銀行に押し入った。2人は別の事件の保釈中…