一般

山火事 家20棟が焼失 NSW

【シドニー9日AAP】   NSW北部で発生した山火事は現在も続いており、20棟の家屋がすでに焼失している。

 

カシノ南部にあるバスビーズ・フラットは、8日夜に直ちに非常警報が発令されていた。

 

NSW州地方消防サービスによると、人口約250人の村ラップヴィルでは火災が猛威を振るい、最大20棟の家屋が焼失したという。

 

ラップヴィルの住人ダニー・スミスさんは「家も小屋も全て失ってしまった」と語っている。

 

この火災で1万3200平方メートルが焼失したが、9日朝には「注意警報」に引き下げになった。

 

 

NSW全土では21件の山火事が発生しており、その中の15ヶ所は危険な状態だという。

 

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

性犯罪関連刑法 改正へ TAS

【ホバート20日AAP】   TAS州で性犯罪関連の刑法が改正されることになり、性犯罪被害者が自分の名前を公表できるようになっ…