生活

はしかの感染者また VIC州で39人目

【メルボルン18日AAP】  VIC州でニュージーランドから帰国した旅行者が、新たにはしかに感染していることが明らかになった。VIC州では今年に入り、この患者を含め39人の感染が明らかになっている。

 

VIC州内では現在のところ、メルボルン空港、メルボルンCBDのバーク・ストリート・モール内にある高級デパート大手デービッド・ジョーンズ、グレン・ウェイバーリー電車路線、軽鉄道のルート86とルート96が、はしかの感染の可能性が高い場所だとして、州民に警戒を呼び掛けている。

 

はしかに感染すると、咳や鼻水のほか、目の痛みや発疹を伴う。症状が表れるのは、麻疹ウイルスに接触してから約10日後となっている。ただ、感染から18日経った頃に症状を自覚する場合もあるという。

 

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

その他

猫の数が爆発的増加 SA

【アデレード10日AAP】   SA州で猫の数が爆発的に増えている。同州の動物保護団体は、新たに猫の頭数管理計画を提案した。 …