一般

老人ホームに監視カメラを試験設置 SA

【アデレード5日AAP】   SA州の老人ホームで、試験的に監視カメラが導入されることが決まった。高齢者の虐待を防止し、ケアの向上を狙いとする。

先立って行われた高齢者介護制度に関する王立委員会で、アデレードの州営施設オークデンでの深刻な虐待や質の低い介護が明るみになった。

来年初めから、アデレードのノースゲイト・ハウスおよび地方の4施設で12か月間、試験的に監視カメラが設置される。カメラの設置は、オークデンで虐待を受けた居住者の家族を含み、様々なコミュニティや高齢者ケアセクターの支持を受けている。対象施設の全寝室に設置されるが、それぞれの居住者と家族の同意のもと作動させる。

連邦のコルベック高齢者ケア相は、「監視カメラ導入の恩恵が居住者のプライバシーの代償を上回るか、試される」「尊厳と敬意をもって介護を受けると、高齢者と家族が自信を持てなければならない」と話した。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

SA州、ACT州との州境を再開

【SA15日】   SA州政府は、16日から首都特別区域(ACT)との州境再開を発表した。NSW州とは閉ざされたままだ。 ACTからSA…