文化・芸能

シドニーのファミリー花火 強風で遅れ

【シドニー31日AAP】   シドニーで31日午後9時に予定されたファミリー向け花火が、強風のため15分遅れて打ち上げられた。

31日夕方、シドニーでは悪天候の警告が発令された。シドニー湾で最大風速72キロメートルの強風が観測され、午後7時に予定されたタグボートの演目も中止された。一方、午後10時までに赤十字社の災害復興募金には60万ドル以上が集められた。

NSW州で山火事が収まらないなか、今年の花火大会は政治家や地域社会から反対の意見があがったが、予算はクリスマス前に配分されたこと、同州に1憶ドル以上の経済効果をもたらすこと、山火事と干ばつの影響を受けた地域にシドニー市が62万ドルを寄付したことなどから催行が決まった。

シドニー市のムーア市長は、「問題は気候変動だ。国内で今起こっていることは、世界的に二酸化炭素の排出を減らすよう連邦政府に対する警鐘だ」と述べた。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

生活

外出自粛中も医師の診察を

【キャンベラ8日AAP】   新型コロナウイルスの感染を恐れて医師の診察を控えたり、遠隔診断システム「テレヘルス」の使用に…