生活

2019年GABS クラフトビール国内NO1は?

【メルボルン25日AAP】   国内のビールの祭典Great Australian Beer Spectacular (GABS)で、2500以上のクラフト・ビールの中から2019年のNO1ビールに輝いたのは、最上位を占めるQLD州をおさえてNSW州のパシフィック・エールだった。

 

ストーン&ウッドのパシフィック・エールは、毎年行われるクラフト・ビールの総選挙で上位に選ばれており、2011年、2015年、2016年にも1位になっている。

 

2018年の1位、バルターのエックス・ピー・エー(XPA)は2位にとどまったが、ビール8種類がランキング入りしたことからビール醸造社のNo1に選ばれた。

 

州別での内訳では、11の醸造所が選ばれ29種類のビールがランキング入りしたQLD州が1位となり、2位は25種類のNSW州、3位は19種類のVIC州だった。

 

クラフト・ビールのトップテンは以下の通り。

1 パシフィック・エール (ストーン&ウッド)NSW

2 エックス・ピー・エー (バルター) QLD

3 クランク・シャフト (ベントスポーク) ACT

4 ニュー・タウナー (ヤング・ヘンリース) NSW

5 ラリー  (ユア・メイツ) QLD

6ビーチ・ワース・ペール・エール (ブリッジ・ロード)VIC

7 ビギー・ジュース (フェラル) WA

8 ヘイジー (バルター)QLD

9 クラッシュ・トロピカル・ペール・エール (カイジュ)VIC

10  ジェディ・ジュース (ホップ・ネイション)VIC

 

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

失業率5.3%とやや上昇

【キャンベラ20日AAP】  オーストラリアの今年1月の失業率は、前月から0.2%ポイント上昇し5.3%となったことが、豪政府統計…