国際

英ウィリアム王子夫妻 豪被災地訪問に期待

【シドニー11日AAP】   英王室のウィリアム王子夫妻が、オーストラリアで山火事の被災地を訪問すると期待される。モリソン連邦首相は今週中に正式に招待状を出すとみられる。

モリソン首相は英王室と被災地の訪問について検討してきた。

ベガ・バリー・シャイヤーのマクベイン市長は、「小さな地域にとって、王子夫妻の訪問はとても重要だ」と話し、夫妻の訪問が地元の観光業を促進すると願った。モゴのワイルドライフパークのステイプルズ責任者も、「地域にとってどんな広報も前向きだ」と話した。山火事の影響で同動物園は一時的に閉鎖を強いられた。同じく山火事で大きな被害を受けた州中部沿岸部のウエスト市長も、「すべてを失った住民にとって夫妻の訪問は“忘れられていない”と勇気づける」と話し、歓迎した。

ウィリアム王子にとって5回目のオーストラリア訪問、夫妻にとっては2014年以来2回目となる。具体的な日程や訪問地は決定していない。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

ビジネス

ホールデン 豪・NZで終了

【アデレード18日AAP】   米自動車メーカーのゼネラルモーターズ(GM)は、オーストラリアとニュージーランドでの自動車ブラ…