政治

ジョブキーパー政策を可決 雇用維持へ

【キャンベラ8日AAP】  連邦政府は8日、1,300億ドルを投入し、600万人に支給される見通しとなっている給与補助政策「ジョブキーパー」プログラムを可決した。受給資格を有する従業員に対し、雇用主は1人当たり1,500ドルを隔週で支給することが可能となる。

 

モリソン首相は「ジョブキーパー」プログラムについて、国内の歴史においても最大規模の財政援助策となっており、オーストラリアの国家主権を守るものだ」と説明した。政府が先週発表した同プログラムには、これまでに73万社以上が申請を行ったことが分かっている。

 

一方、年商が10億ドル以上となる大企業の場合、政府から補助金を受け取るためには、新型コロナウイルスによる影響で売上高が50%低下していることを証明する必要が求められている。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

家庭内暴力4月は12%減 NSW

【シドニー28日AAP】  NSW州犯罪統計局の報告によると、4月に発生した家庭内暴力関連の襲撃事件件数は2,145件となり、前年同…