ビジネス

ブリスベン空港の新滑走路 一番手は豪ヴァージン航空

【ブリスベン12日AAP】   ブリスベン空港の第2滑走路が12日にオープンし、記念すべき初滑走をヴァージン・オーストラリア航空が飾った。

 

初便となったケアンズ行きVA78便が午前11時15分に出発し、パラシェイQLD州首相などが初滑走を見守った。

 

第2滑走路は着工から8年を費やし、10億ドル以上の総工費がかかっている。ブリスベン空港の拡大により、飛行機の稼働率が2倍になる予定だという。

 

第2滑走路はケアンズ、ダーウィン、タウンズビルなどの国内線のほか、ヨーロッパ、アジア、中東への国際線 の発着に使われる。

 

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

帰国者の受け入れを増加 NT

【NT11日】   帰国者の検疫用に使われているダーウィンのハワード・スプリングス施設は、来月から受け入れ数を増やして帰国…