一般

先住民子ども 学校3~4日出席は32%

【NT22日】  NT準州の教育省による最新の報告によると、公立の小中高等学校に在籍する先住民族の子どものうち、約32%が週に3~4日しか学校へ行っていないことが分かった。過去5年間で最低の水準となっている。

 

対照的に、先住民族でない子どもたちの84%は、学校へ週に4~5日行っていることも分かった。NT準州のモス教育相は「特に遠隔地の子どもたちによる出席日数は、まったく受けいれられるものではない」と述べ、学校から落ちこぼれている子どもたちがいるとの見方を示した。

 

モス教育相はさらに「これは長きにわたって問題となってきたことで、われわれは地元コミュニティと連携していく必要がある」と述べた。また、先住民族のヨルンガを代表するグユラ議員は「住宅内の居住人数が多過ぎ、子どもたちがまともに勉強する場所のないことは珍しくない」と述べ、この問題を解決することが、学業の改善につながるとの見方を示した。

 

ソース:abc.net.au-Only a third of Indigenous children attend school on most days, NT data shows

 

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

NSW・VIC 州境を再開

【NSW22日】   23日からNSW州とVIC州の州境が再開する。両州とも新型コロナウイルスの市中感染が数週間報告されていない。 …