その他

リメンブランス・デー オペラハウスに赤いポピー

【NSW11日】   第一次世界大戦の終結を記念するリメンブランス・デーの11日、戦没者を偲んでシドニーのオペラハウスに赤いポピーの花畑が映し出された。

1918年11月11日午前11時、ドイツが第一次世界大戦の停戦に署名した。オーストラリア人6万人以上も犠牲になり、毎年11月11日午前11時に黙とうが行われる。

11日夜明け、サーキュラーキーにはラッパの音が響いた。リー退役軍人相代理は、「私たちが今日楽しむ自由のために、100年以上前に犠牲になった人たちを追悼する」「若い国民がリメンブランス・デーの重要さを学ぶよう、ポピーを作るキットなどアクティビティセットを学校に配った」と述べた。

100人近くが集まった昨年までとは異なるが、アンザック・デーはロックダウン中であったため、今年になって初めて、国のために犠牲になった国民を偲ぶことができた。マーティン・プレイスで招待客のみによる式典が行われる。

ソース : news.com.au – Remembrance Day 2020: Dozens of poppies light up Sydney Opera House

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

15日から規制緩和 QLD

【QLD14日】   QLD州は15日午前6時、新型コロナウイルスの規制を緩和する。少なくとも19人のクラスター感染による3日間の緊…

国際

NZ空港職員が新型コロナに感染

【ACT20日】   ニュージーランド・オークランド空港で働く国境管理職員が新型コロナウイルスに感染したとわかった。オースト…

一般

NZ経由での他国訪問には刑罰

【ACT21日】   19日から、オーストラリアはニュージーランドとのみ隔離なし渡航が可能になった。ニュージーランド経由による…