生活

7月から養育助成金など引き上げ

【ACT7日】   7月から、養育助成金ファミリー・タックス・ベネフィット(FTB)や老齢年金などが引き上げられる。パンデミック中の生活費の上昇に合わせる形だ。

連邦政府は7日、7月1日から養育助成金を引き上げると発表した。子ども1人の世帯は94ドル90セント、2人は156ドル95セント、3人は226ドル30セント増に相当する。さらに会計年度末に、FTBのA受給世帯には7ドル30セント、B受給世帯には3ドル65セントが追加で給付される。

有給育児休暇および父親・パートナー休暇対象の年間世帯所得も、15万1,350ドルまでに引き上げられる。

老齢年金、障害者年金、介護助成金も後押しを受ける。老齢年金を受給するカップルは、受給額に影響の出ない資産額が40万5,000ドルまでに引き上げられる。

ラストン家族・社会サービス相は「わずかだが、2011年以降初めての引き上げだ」「国内世帯と肩を並べてパンデミックから回復する」と話した。

ソース:news.com.au- Parents with three kids get extra $226, pensioners receive boost

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

ワクチン供給量を増加 VIC

【VIC6日】   新型コロナウイルスのクラスター感染が広がるVIC州に対し、連邦政府はワクチンを追加で供給すると発表した。 …

生活

16歳以上にワクチン接種 NT

【NT7日】   NT準州に住む16歳以上の誰もが、新型コロナウイルスのワクチンを受けられるようになる。国内主要都市ではダーウ…