一般

規制緩和のロードマップを発表 VIC

【VIC19日】  VIC州のアンドリュース首相は19日、規制緩和に向けたロードマップを発表した。

少なくとも1回のワクチン接種を行った人が80パーセントに達する今月26日、成人の接種完了者5人までが屋外スポーツに参加できる。12年生は10月6日から登校、1~2年生も10月18日からパートタイムで登校を開始する。

16歳以上の接種完了者が70パーセントに達する10月26日、夜間外出禁止と6つの外出理由が撤廃される。自宅から25キロメートルまで移動が可能になり、接種完了者は10人まで屋外で集まることが許され、地域スポーツの練習も再開される。パブやプール、テーマパーク等も屋外で接種完了者を50人まで受け入れる。理髪店も再開し、屋外の結婚式や葬儀などにも接種完了者50人までが出席できる。すべての学生が少なくともパートタイムで登校する。

16歳以上の接種完了者が80パーセントに達する11月5日、マスク着用は屋内のみになる。州内での移動が可能になり、他世帯の訪問は10人まで、屋外の集まりも30人までになる。屋外イベントやスポーツ観戦は5,000人または25パーセントの規模で、屋内は150人まで入場できる。

11月19日に12歳以上の接種完了者が80パーセントに達すると予想され、クリスマスには30人まで他世帯を訪問できる見通しだ。

アンドリュース州首相は、「規制緩和に連れて医療セクターへの圧力は大きくなるが、通過しなければならないゲートウェイだ」と話した。

ソース : news.com.au – Premier Daniel Andrews unveils Victoria’s road map out of lockdown

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

政治

安楽死法を議会導入 NSW

【NSW12日】   NSW州議会で14日、安楽死合法案が正式に導入される。 安楽死法の改正を推し進める無所属のアレックス・グ…