生活

複数州でブースター接種までの期間を短縮

【NSW19日】   NSW州とVIC州、SA州で、2回目のワクチン接種とブースター接種の間隔が3か月に短縮された。

NSW州のペロテット首相は19日、2回目接種の3か月後からブースターワクチンが受けられると発表した。同州の州立病院に現在2,863人が入院しており、このうち217人が集中治療室(ICU)で治療を受けている。チャント州主席医務官は、できるだけ早く3回目のワクチン接種を受けるよう促すとともに、新学期開始前に子どもたちにも接種させるよう促した。

VIC州のアンドリュース首相も、2回目と3回目の接種間隔を3か月にすると発表した。VIC州の入院数は1,173人、このうち125人がICUで治療を受けている。

2州に続いてSA州のマーシャル首相も同様に、ワクチン接種間隔の短縮を発表した。同州の入院数は294人。 23 人がICUで治療中だ。

ソース:news.com.au- NSW and Victoria make major Covid vaccine booster change as Omicron wave continues

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

日本脳炎で2人目の死亡 NSW

【NSW23日】   NSW州で2人目の日本脳炎による死亡が確認された。 同州で2月、最初の日本脳炎ウイルス感染が確認されてか…