一般

シドニー 月末まで雨続く予想

【NSW21日】  NSW州のシドニーでは、今月末まで雨天が続きそうだ。イースター休暇のロングウィークエンドは穏やかな陽気に恵まれたが、4月の残り9日間は雨が続くことが予想される。ただ、雨量はそれほど多くなく、にわか雨や晴れ間もみられそうだ。

 

気象局のブラッドベリ―気象予報士によると、にわか雨や晴れ間もみられるが、ほとんどが曇りとなりそうだ。雨量は、今月初めにNSW州に降った大雨と比べると、少ないとみられている。気象局は、向こう1週間で22日が最も雨が多くなると予想している。

 

NSW州では、21日の1時間の降水量が最大10ミリメートル、23日が8ミリメートル、24日が6ミリメートルに達するとみられる。また、来週初めにかけては4~10ミリメートルの雨量が予想されている。気温は最低が15~17度、日中の気温が21~23度まで上がりそうだ。

 

ソース:news.com.au-Weekend weather: 9 days of rain to hit Sydney, 400km flood warning for Far North Queensland

 

 

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

政治

2022/23年度NSW州予算案を発表

【NSW21日】   NSW州のキアン財務相は21日、2022/23年度の州予算案を発表した。州選挙を9か月後に控え、家計や保健、女性に…